So-net無料ブログ作成
検索選択
お料理の作りかた ブログトップ

ローゲンマイヤー ☆ クリームパン・林商店 [お料理の作りかた]

皆さま楽しい連休を過ごされていますかぁ[るんるん]

こちらは祭りが盛んなほうですので ドンドン&ピーヒャララ~と賑やかな音が聴こえてきた連休でした[グッド(上向き矢印)]

近くの広場を車窓からパチリした秋らしい写真を1枚[カメラ]

IMG_6528.JPG

真ん中のお兄さん~ピースをしてくださってありがとうございました[わーい(嬉しい顔)]

台風18号よりも陸地側を進んでいる19号は・・・兵庫県南部のこちらは夜にかけてひどくなる予報です[たらーっ(汗)] 嫌だぁ[がく~(落胆した顔)]

[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

主人が姫路に用があったので ついて行ってきた日のことを・・・[わーい(嬉しい顔)]

姫路市西駅前町の【韓国食材・キムチ 林商店】へ[ひらめき]

お店の外には お馴染みの有名処の袋麺がありました[目]

IMG_5342.JPG

店内にも韓国食材が所狭しとズラリ[わーい(嬉しい顔)]

IMG_5341.JPG

IMG_5340.JPG

私はね~韓国の水あめが欲しかったんです[るんるん]

プロフーズにもVIVRE1階の輸入食材のお店や百貨店にも探しに行ったのですがなくって[たらーっ(汗)]

「一体どこに売ってるんだろ[exclamation&question]」とつぶやく私の為に検索してくれて連れて行ってくれたのですが・・・ありましたよ[exclamation×2]

一番左に写っているのが 林商店で買った水あめです[黒ハート]

IMG_6474.JPG

時間に追われていたので 店内はあまりじっくり見れなかったのですが 興味深い食材が沢山あったので またじっくりお買い物に行ってみたいです[るんるん]

夜に【居酒屋まき】がオープンしました (笑)

IMG_6479.JPG

サバの西京焼き[かわいい]あさりのバター焼き[かわいい]大根と油揚げの含め煮[かわいい]白ゴーヤのマリネにマヨネーズをかけたのん[かわいい]小松菜のニンニク炒め[かわいい]

そして真ん中のが 水あめを使って作ったおつまみです[ひらめき]

水あめ18gと~醤油18ccと~コチュジャン60gをフライパンに入れて混ぜ合わせながら火にかけて 煮立てば火を止めて そこにキッチンばさみで食べやすい長さにカットしたさきイカ150gを加えてよく混ぜたものです[わーい(嬉しい顔)]

1人だけのお客さんの主人が「辛~い[exclamation]」といいつつモリモリと食べてくれました[手(パー)]

そんな食欲旺盛なお客さんが ご飯も注文されたので 妹の京都土産のお漬物(右手前で~京・お漬物処やました)を添えて~[るんるん]

IMG_6487.JPG

妹達からのお土産は こちらだったのですが・・・(お漬物は右側の箱)

IMG_4960.JPG

手前に写っている 京みがわ株式会社の 京都府産宇治抹茶100%使用のプリンも とっても美味しかったです[グッド(上向き矢印)]

IMG_6540.JPG

もぅ一度京都に行ってくれないかな~ (笑)

[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

林商店の後 姫路駅南で降ろしてもらって 主人とは別行動しました[手(パー)]

まず向かったのはホテル日航姫路店の【ローゲンマイヤー】[ひらめき]

IMG_6501.JPG

パン屋さんで~す[るんるん]

IMG_6504.JPG

クッキーやラスクも ちょっぴりあります[手(パー)]

IMG_6502.JPG

でも私は10年以上前から コレしか買わない (照)

IMG_6503.JPG

人気があるので1日に何度か焼き上げられているのですが~ちょうどいい時間に行けました[手(チョキ)]

クリームパンの中では 1・2を争うくらい好きなんですよね~[揺れるハート]

翌朝に写したので なんとなくしぼんでしまっていますが[あせあせ(飛び散る汗)]

IMG_0317.JPG

表面はハリがあって生地はフワフワ[黒ハート]

クリームもほどよい甘さで バニラビーンズがたっぷり入っているところが大好きっ[黒ハート]

IMG_0319.JPG


イカナゴのくぎ煮 [お料理の作りかた]

【いかなご漁】が始まるのは2月下旬ごろです[かわいい]

今年の解禁は28日でした[わーい(嬉しい顔)]

この時期 実家周辺では多くのご家庭からイカナゴのくぎ煮を炊く香りが漂っていて「あぁ~春だな~[るんるん]」と思わせてくれます[グッド(上向き矢印)]

今までは あまり興味がなく 台所で一生懸命作っている母を横目で見ていたのですが~昨日は初めて 隣でインタビューしながら作り方を見せてもらいました[手(チョキ)]

まずはイカナゴを買いに行くところから始まるのですが~10時オープンのお店に1時間以上前からズラーーーーッと並ぶんです[exclamation×2]

しかもイカナゴが店頭に並ぶのは10時半前後なんです[あせあせ(飛び散る汗)]

結局1時間半くらいザラに並んでいますね。。。

それもイカナゴが解禁日の小さいものから 徐々に大きくなっていくので 一番好みの大きさの時には やはり皆さん好みですので・・・早いときにはオープン2時間前から並んでゲットできるのが2時間半後とか[がく~(落胆した顔)]

挙句の果てに とれるのが少なかったから売り切れとかね[もうやだ~(悲しい顔)]

私はその話を聞くだけでしんどくなってしまうのですが~ 母は強し[手(パー)]

昨日も朝早くに 「行ってきま~す[わーい(嬉しい顔)]」とお買い物に行って………[足][足]………2時間以上経ってから帰ってきましたよ[ひらめき]

イカナゴは鮮度が命[exclamation×2]

座る間もなく 早速とりかかっていました[かわいい]

昨日は~2kgはくぎ煮にして あと1kgは釜揚げにするつもりで3kgを買ってきていましたよ~ん[わーい(嬉しい顔)]

IMG_0020.JPG

解禁日には小さいことが多くて~そんな時は今は亡き祖母用に炊いたりしていたのですが(出来上がると柔らかいからネ)今年は初日からいい大きさのイカナゴに育っていたそうですよ[手(パー)]

イカナゴの値段も高いときには1kg2000円くらいしていたそうですが 今年は比較的安いようで1000円くらいで買えるそうです[手(パー)]

今日は母のイカナゴのくぎ煮の作り方をご紹介しようと思います[わーい(嬉しい顔)]

まずは作りやすい分量を[手(パー)]

[かわいい] イカナゴの稚魚(生新子)1kg

[かわいい] スプーン印・中ザラ糖  200g

[かわいい] キッコーマン濃口醤油  200cc

[かわいい] タカラ本みりん・醇良  200cc

[かわいい] 黄金糖         3個

[かわいい] 山椒          生のを洗って冷凍していたもの~適量

  ノーマルなのには山椒は入れませんよ[わーい(嬉しい顔)]

  贈る人の好みによって~柚子皮・レモン皮・水あめ・はちみつ でアレンジすることがあるそうです[グッド(上向き矢印)]

  数人のお友達にはたまり醤油を少しの割合で入れているようですしね[わーい(嬉しい顔)]

  また柔らかいのがお好きな人には小さいイカナゴの時に炊いて~

  かたいのがお好きな人には大きくなってから買うそうです[手(パー)]

  あまりに大きくなりすぎると脂の味がして美味しくなくなっちゃうそうです。。。

      我が家は 上記の分量なのですが 「少し他のお宅よりも甘目かもね~[わーい(嬉しい顔)]」という事です[手(パー)]

  何回も作って母はこの調味料にたどり着いたのですが ご家庭によって好みは色々ありますでしょうね[黒ハート]

この時期になると 実家の3階の物置きから “イカナゴを炊く用の鍋” が2つ登場してきます (笑)

直径24cmと26cmで 高さは11cmくらいのアルミの鍋です[ひらめき]

数年前に実家を建て直したのですが~イカナゴを炊く為にキッチンを IHではなくって ガスにした[exclamation] という気合の入れようなんですよ~ (笑)

そして 家中ににおいがこもるのを防ぐ為に 風のない日は窓全開にします[わーい(嬉しい顔)]

換気扇も “強” にしてスタンバイ[手(パー)]

服にもにおいがつかないようにエプロンではなく 割烹着を着ま~す[グッド(上向き矢印)]

鍋の大きさに合う落し蓋をアルミホイルで作っておきましょうね[わーい(嬉しい顔)]

こちらは2つ折りにした状態でパチリ[カメラ]

IMG_0040.JPG

作りかたなんですが~アルミホイルを4つ折りにして鍋の一回り小さい大きさにハサミでカットして 2つ折りに戻してから割り箸で数か所穴をあけると出来上がり[わーい(嬉しい顔)]

調味料を測って 生姜は皮付きのまま千切りにして さぁ~いよいよくぎ煮作りの始まりです[exclamation×2]

①イカナゴはサッと洗って ザルにあげて水けをきります[グッド(上向き矢印)]

②鍋に 山椒・ザラメを入れて~

IMG_0023.JPG

③醤油・みりんを入れて点火[exclamation]

IMG_0024.JPG

④下の写真くらいに煮立てば。。。

IMG_0025.JPG

⑤イカナゴの半量を入れてから 生姜の半量を入れて。。。

IMG_0027.JPG

⑥すぐに写真に写らないくらいの速さで 素手でかき混ぜます[exclamation]

IMG_0028.JPG

「熱くないの[exclamation&question]」とインタビューしましたが 「熱いのは熱いけど~しれてるよ[わーい(嬉しい顔)]」とこの道40年のベテランさんのお答え (笑)

徐々にイカナゴに火が通ってきましたね[目]

IMG_0029.JPG

⑦先ほど素手で触れて以降は イカナゴに触れないようにしてくださいね~ほったらかしにしてジーーーッと見ながら沸騰してくるのを待ちましょう[わーい(嬉しい顔)]

ずっと強火ですよ~ん[ひらめき]

時間が経って 下の写真よりも沸騰してくると 中のほうにアクがたまってくるのでカレースプーンで5回くらいすくって取り除きます[手(パー)]

IMG_0031.JPG

⑧すごく沸騰しているその鍋に残りのイカナゴと生姜を入れます[目]

IMG_0035.JPG

⑨また素手で手早く混ぜます[手(パー)]

⑩そして放置~っ[グッド(上向き矢印)]

IMG_0036.JPG

⑪この段階で黄金糖が入りました~[手(パー)]

火力は常に強火のまんまで~目は離せませんよ~[目]

IMG_0037.JPG

⑫アクが真ん中に集まりましたよ~[exclamation]

IMG_0041.JPG

これを先ほどのようにカレースプーンですくって除きま~す[グッド(上向き矢印)]

IMG_0042.JPG

⑬お手製の落し蓋をしましょう[わーい(嬉しい顔)]

IMG_0044.JPG

落し蓋が鍋の淵のラインになるこのくらいの火力に保ってくださいねっ[目]

IMG_0046.JPG

⑭さぁこの鍋はふきこぼれないように注意しながら~これでひと段落しましたので もぅ1つの鍋で同じように作り始めましょう[exclamation]

IMG_0056.JPG

・・・ってこの2つするのは母クラスになれば出来るのでしょうが~私でしたら 1つの鍋で手いっぱいかもしれませんね (照)

⑮だんだん煮詰まってきているのが解かりますねっ[目]

IMG_0059.JPG

⑯下の写真くらいに煮汁が減って 上から見えなくなると初めて弱火にします[手(パー)]

IMG_0061.JPG

⑰そして鍋をあおって煮汁をまんべんなく行きわたらせます[わーい(嬉しい顔)]

このあおり方も熟練の技だな~と私は見とれていました[グッド(上向き矢印)]

火力もポイントだろうけど~もしかしてこの仕方が上手・下手を分けるのかもしれないな~と思いました[ひらめき]

⑱煮汁が少しだけ残る状態になると火を消して ザルにあげます[るんるん]

下は2回りくらい小さなボウルで受けておいてくださいねっ[グッド(上向き矢印)]

このボウルにたまった煮汁でよく母は 鯛のあら煮を作っていますよ~ん[手(パー)]

IMG_0065.JPG

点火してからこの段階まで トータルで40分くらいかかっていましたよ~[exclamation×2]

⑲真ん中を少しくぼませてから 団扇でひたすらあおぎま~す[わーい(嬉しい顔)]

このあおぐのんだけを手伝った私。。。。。みるみる照りが出てくるのが面白かったです[るんるん]

IMG_0066.JPG

⑳やっとこさ母特製のイカナゴのくぎ煮が出来上がりました[手(チョキ)][わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]

IMG_0070.JPG

“見た目が釘のようだから” とか “昔は釘を入れて炊いていたから” とか諸説あるようですが この黒い照りとピンとしたイカナゴのくぎ煮が私は好きです[黒ハート]

もぅ早速御礼の電話がひっきりなしにかかってきていましたので既に何軒もの皆様に送って差し上げているようですが~お彼岸の手土産にお持ちするぶんなどはまだ置いてありましたのでパチリ[カメラ]

IMG_0082.JPG

多い年は20kg炊くようですが~さて今年は何kg頑張るのでしょうかねぇ[るんるん]

並んで買って~作って~パックに詰めて~この日もお昼ご飯を食べるのは14時半過ぎてからでしたよ。。。

付きっ切りで見てなきゃいけないので ホント大変そうですが 母は楽しいみたいです[わーい(嬉しい顔)][るんるん]

[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

そして お次は釜揚げで~す[ひらめき]

海水よりも濃い塩分濃度の塩を加えた沸騰したお湯へ 何回かに分けて入れて。。。。。

IMG_0073.JPG

イカナゴが浮き上がってくると引き上げる。。。。。の繰り返しで作ってくれました[わーい(嬉しい顔)][手(パー)]

IMG_0080.JPG

酢醤油で食べよっかな[exclamation&question] とも思いましたが~たくさんくれたので夜に釜揚げしらす丼にしていただきました[わーい(嬉しい顔)]

IMG_0086.JPG

朝から晩まで イカナゴ三昧でした~ (笑)

明石の春の風物詩です[揺れるハート]


お料理教室 [お料理の作りかた]

先月の27日は午後から 【プロフーズ神戸本店】のお料理教室へ行っていました[わーい(嬉しい顔)]

学生時代の調理学実習みたいな感じなのかな~なぁんて思いながらの初体験でした[かわいい]

お友達の中にも3人がお料理教室に通っているんですよね。。。最近の大人の習い事で お料理教室って人気なのかしら~ん[exclamation&question]

1月30日にプロフーズにお買い物に行きました~という記事を書きましたが その日に予約を入れたんですね。。。

この約1ヶ月前の時点で~

午前の部のキャンセル待ちが12人で・・・・・午後の部のキャンセル待ちが3人だったんです[あせあせ(飛び散る汗)]

定員は20人です[手(パー)]

まぁ~無理なら仕方ない[ダッシュ(走り出すさま)] と思っていると3日前にキャンセルが出たのでいかがですか~とお電話をいただきました[るんるん]

やったネ[手(チョキ)]

・・・・・という事で私が参加したのは 【ひと手間かけるイタリアン】という午後2時から4時までのクラスです[ひらめき]

IMG_2163.JPG

2階に調理スペースがあります[ひらめき]

IMG_2165.JPG

材料はあらかじめ測って用意してありましたよ~[かわいい]

IMG_2167.JPG

メニューは3品で 【トマトで作るミートソース】【タラのピルピル風グラタン】【ジェラートのレモンオイルソース】 でした[ひらめき]

IMG_2170.JPG

「時間をかけてレストラン風に仕上げましょう[exclamation]」ということでしたので~ミンチ肉は牛と豚が各50%ずつで~赤ワインも使ったりなんかして[黒ハート]

私がこの日思ったミートソースの作り方のポイントは以下の3点~

[ぴかぴか(新しい)] にんにくをオリーブ油で炒めるときに弱火できつね色になるまで炒めて風味を出すこと

[ぴかぴか(新しい)] ミンチ肉は放ったらかしにするくらいにして 焦げつくくらいまでしっかり焼き付けること

[ぴかぴか(新しい)] あらかじめ炒め玉ねぎを作っておくこと

炒め玉ねぎについては もともとその商品が瓶詰めで販売されていることを聞いて驚いたのですが・・・

家庭では 玉ねぎを薄切りにしたのを一旦冷凍してから みじん切りにして~フライパンで炒めると早くきつね色になって時間短縮になると教えてくださいました[わーい(嬉しい顔)]

IMG_2180.JPG

トマトは パッサータとその4倍量のホールトマトを使用しましたよ~そして上の写真くらいの濃度で完成~っ[exclamation×2]

酸味が気になるときは私は今まで砂糖で調節していたのですが。。。はちみつでもイイって[グッド(上向き矢印)]

お勉強になりました[わーい(嬉しい顔)]

お次はスペイン料理の タラのピルピル風グラタンです[かわいい]

焼いていると “ピルピル” って音がなるのでこういう料理名だそうですよ~[手(パー)]

上のほうの写真のように20分くらいじっくりとフライパンで焼きまして~クッキングシートに並べます[グッド(上向き矢印)]

IMG_2175.JPG

タラの下にはレンジで温めて柔らかくなったジャガイモの輪切りをひいています[るんるん]

上には胡椒とレモン汁をかけています[目]

IMG_2176.JPG

こちらはタラを引き上げたフライパンに牛乳と小麦粉を加えて火にかけて とろみが出るまで混ぜ混ぜしている途中にパチリ[カメラ]

IMG_2179.JPG

これをタラにかけてパン粉をパラッと散らして オーブンで10分程度焼くと出来上がり~っ[手(チョキ)]

IMG_2181.JPG

私が作るときは ミートソースがポッタリするまで煮詰めていましたが~このくらい分離するくらいでいいようですね[グッド(上向き矢印)]

粉チーズをかけると 一段と美味しくいただけました[わーい(嬉しい顔)]

IMG_2184.JPG

こちらはデザートです[黒ハート]

IMG_2185.JPG

バニラ味のジェラートに CIRIOのフレーバー・オイル・レモンをかけました[わーい(嬉しい顔)]

ちょうど1年ほど前の記事で~半年に1回くらいは “爽(アイス)” に CIRIOのエキストラバージンオリーブオイルをかけていま~す[exclamation]・・・と書いたことがありますが~

やっぱりレモンフレーバーのオリーブオイルを使うところがオシャレよね~なぁんて思いましたよ[黒ハート]

2時間で説明を聞いて~作って~試食して~後片付けをして~~~できるのかなぁ[exclamation&question] とちょっぴり心配していたのですが余裕で出来ました[グッド(上向き矢印)]

特にタラのピルピル風グラタンは白ワインにピッタリっぽくって お気に入りの料理になりました[わーい(嬉しい顔)] 

美味しいお料理をいただきながら同じグループの皆さまとの会話も弾みました[exclamation×2]

やっぱり試食の時間が一番幸せなひとときでしたねぇ~[るんるん]


煮込みハンバーグ [お料理の作りかた]

今日は先日主人からプレゼントしてもらったお花を使ってアレンジをしてみました[わーい(嬉しい顔)]

まずは薔薇だけのブーケ[かわいい]

IMG_3025.JPG

グリーンアレンジ[かわいい]

IMG_3040.JPG

そしてヨーロピアンアレンジ[かわいい]

IMG_3039.JPG

夕食のメイン料理を【煮込みハンバーグ】にしました[わーい(嬉しい顔)]

このレシピは 私が栄養士をしていた病院でも大人気だったので 時間があるときにトライしてみてもらえたらいいかな~って思います[るんるん]

作りやすい分量で紹介します・・・これで3人ぶんくらいできます[ぴかぴか(新しい)]

 合いびき肉       250グラム

 玉葱          150グラム 

           (みじん切りにしてお皿に平らに乗せ ラップをかけて3分半レンジで加熱して冷ましておいてください)

 木綿豆腐        150グラム (しっかり水切りしておく)

 卵           30グラム

 片栗粉         12グラム

 パン粉         10グラム

 塩            1グラム

 あらびき黒胡椒    少々 (なければ普通の胡椒でOK!)

これをよ~くこねてから丸めて 薄く油をひいたフライパンで焼きます

IMG_3048.JPG

ちなみに我が家では主人を特大・私用に中くらい・翌日分に小さめの3個に分けました[ひらめき]

強火でしっかり焦げ目がつくまで焼いてくださいね[exclamation]

「ちょっと焦がしすぎかな?」 と思うくらいまで焼くと美味しそうに完成しますよ[グッド(上向き矢印)]

IMG_3054.JPG

両面がしっかり焼けたら フライパンにたまっている脂分をペーパータオルで吸い取ってください

この時点ではハンバーグの中にまで火を通す必要はありませんよ~後で煮込みますのでネ

そのフライパンに以下の煮込み用調味料を加えていってくださいね

 熱湯        200cc

 ケチャップ       40グラム

 ウスターソース     20cc

 コンソメ      2グラム

 かき醤油      2グラム (なければ どの醤油でもOK!)

 赤ワイン      20cc

 三温糖       8グラム (普通の上白糖でOKです!)

IMG_3062.JPG

調味料を加えて少ししてからの写真です[ひらめき]

ふたをして 時々上下をひっくりかえしたり 煮汁をハンバーグにかけたりしながら 煮詰めていきましょう

IMG_3067.JPG

このくらいで火を止めます[ひらめき]

それでは今夜の全料理の写真を・・・・・[手(パー)]

IMG_3069.JPG

・煮込みハンバーグ

・大根と平天の煮物

・里芋とこんにゃくの炊き合わせ (味付けはだし汁に塩と薄口醤油のみ)

・しめじと溶き卵と糸寒天の味噌汁 (溶き卵はハンバーグで残ったぶん)

[exclamation] ここで糸寒天についてもご紹介を[ひらめき]

IMG_2594.JPG

かんてんぱぱのスープ用糸寒天 (内容量 30グラム)

以前フラワーアレンジの先生に教えてもらってコープで買っています[ぴかぴか(新しい)]

野菜サラダに入れるときは水で戻しますが 汁物には出来上がってからそのまま入れたらいいだけの手軽さです[グッド(上向き矢印)]

食物繊維がたっぷりなので これをた~くさん摂った翌朝には快調になります[わーい(嬉しい顔)]

便秘症のあなた[exclamation] 一度試してみてくださいね[exclamation×2]


イイダコ [お料理の作りかた]

早朝5時に出発して 主人が白浜へイイダコ釣りに行きました[わーい(嬉しい顔)]

お昼過ぎに帰宅してきました[グッド(上向き矢印)]

 20匹以上のイイダコと1匹の真タコが釣れたようです[黒ハート]

IMG_2610.JPG

私が 「写真撮るよ~[exclamation]」 と言うと イイダコの頭に全部の指を入れて ハイチーズ[カメラ]

IMG_2612.JPG

帰宅した主人は疲れているだろうに・・・イイダコの塩もみetc 下処理をしてくれました[手(パー)]

その後は私の出番[exclamation]

すぐに料理しました[ひらめき]  

 IMG_2614.JPG

(左上から)

 ・きゅうりとちくわの胡麻酢和え

 ・男前豆腐の冷奴

 ・真タコのボイル辛子マヨネーズ

 ・茄子とたまねぎの赤だし汁

 ・イイダコ飯

 ・真タコの皮をはいだ刺身、真ん中には真タコの吸盤の湯びき

 ・イイダコのグリル ガーリックとオリーブオイルの風味

そしてイイダコの甘辛煮も作りました[手(チョキ)]

こちらは味をつけてすぐの状態[ぴかぴか(新しい)]

IMG_2622.JPG

このまま漬け込んで 味の染み込み具合の様子をみて明日か明後日に食そうと思います[わーい(嬉しい顔)]

[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

主人の今夜一番のお気に入りの【イイダコのグリル ガーリックとオリーブオイルの風味】

の作り方をご紹介しますね[るんるん]

夕食の写真の右下に黒く写っているお皿ですが タジン鍋の下側の部分を使用しました[ひらめき]

まず私のお気に入りのCIRIOのエキストラバージンオリーブオイルを1センチくらいと

にんにくのみじん切り10グラム程度と岩塩を2グラムほど入れて

ごくごく弱火で10分くらい加熱してから中火にして オイルの周りがグツグツしてきたら

5センチくらいに切ったイイダコを4匹前後入れて 周りが沸騰したらまた弱火に戻して3分加熱しました[かわいい]

【イイダコの甘辛煮】の作り方もあわせてご紹介します[わーい(嬉しい顔)]

<下ごしらえ>

イイダコ8匹を1分くらいサッと湯引きして冷水で冷やす

大根は400グラムくらいを1センチ強の輪切りにして面取りをして 隠し包丁をして米のとぎ汁でやわらかくゆでておく

4個分のゆで卵を作る (室温に戻した卵を沸騰した中へ入れてM寸なら7分ゆがく)

鍋に水400ccとだし昆布5センチ角を入れて1時間ほど置く

 <作り方>

酒200cc、みりん100cc、砂糖100グラム、おろし生姜10グラムとゆでた大根を入れて中火にかける

ひと煮たちしたらイイダコ、ゆで卵、しょうゆ100ccとめんつゆ5ccを入れる

弱火にして アルミホイルの真ん中に穴をあけて落し蓋代わりにして20分炊いて消火

そのまま冷ましましょう~冷めたら冷蔵庫へ入れてください[手(パー)]


お料理の作りかた ブログトップ
<